2017年12月13日 更新

顔シミには7種類ある!対策のために知っておきたい違いとは?

気を付けていても、いつの間にかできてしまう顔のシミ…。すぐに消したい!と、手当たり次第にケアしていませんか?けど、本気で対策するなら、まず症状を見極めて、正しい対処が必要なんです!そんな顔シミの症状違いをご紹介します。

セルフケアできる顔シミとできない顔シミがある!?

美白化粧品を使ってもなかなかキレイにならないのは、ケアが足りないから?皮膚科へ行かないと治らないのかも…?と、悩んだことはありませんか?

ひとことで顔シミと言っても、美白化粧品やサプリメント、生活習慣の見直し等、自宅で対策できる種類と、病院での治療が必要な種類があります。

症状の種類にあわせて、正しいケアで顔シミを消してしまいましょう!

自宅で対策できる顔シミの種類

できてしまった顔シミを放っておくと、症状を悪化させて真皮まで到達すると取れなくなってしまうことも!どの種類であっても、気づいたら早めのケアが肝心です。

顔シミの種類1:老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

紫外線によるダメージでできる最も一般的な顔シミです。老人性とありますが、紫外線を多く浴びる人は、発生年齢も早まります。
【老人性色素斑の特徴】

【老人性色素斑の特徴】

日光によく当たる部分にできる
肌の色との境目がくっきりしている
【有効な対策】
UVケア・美白化粧品などで、予防・改善対策ができます。

顔シミの種類2:肝斑(かんぱん)

主な原因は女性ホルモンの影響と言われる顔シミです。閉経後には自然と消えることも。
【肝斑の特徴】

【肝斑の特徴】

肌が浅黒い人に出来やすい
頬骨から目尻、または額や鼻の下に左右対称にできる
ぼんやりと地図状にあらわれる
【有効な対策】
トラネキサム酸(トランサミン)が入った化粧品や、ビタミンC、ビタミンEの内服薬で改善できます。

顔シミの種類3:炎症性色素沈着

ニキビや摩擦、傷、化粧かぶれ等で肌内部に炎症が起こってできる顔シミです。
38 件

関連するまとめ こんなまとめも人気です♪

何をするのがベスト?喉が痛い。。。風邪かなと感じたら!【初期の風邪対策まとめ】

何をするのがベスト?喉が痛い。。。風邪かなと感じたら!【初期の風邪対策まとめ】

いきなり寒くなった年明けで風邪をひいてしまいそうな方も多いのでは!?ナチュラルで自宅で簡単にできる風邪の対策をまとめました!万全な風邪対策で健康に過ごしましょう♫
Sura | 957 view

このまとめのキーワード

このまとめのキュレーター

顔シミには7種類ある!対策のために知っておきたい違いとは? さやさや

アクセスランキング

最近投稿されたまとめ人気ランキング

人気のキーワード

いま話題になっているキーワード